読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

godown

麦飯(緑mugi)の設定倉庫

【ポケ擬】バーニャ

f:id:mugicome6898:20170304002757p:plain

ニンフィア♂】

僕/君//17歳

♂しかいないパーティーの士気を上げるために強制的に女装させられる羽目になった。
昔のトラウマで竜タイプが怖いのに、ドラゴンキラー要員としてフェアリーに進化させられて日々泣きそうになってる苦労人。
臆病だけど日々何とか頑張ってる。
イチゴミルクのような色合いだからと付けられたあだ名が「ミルクちゃん」。
本名で呼ばれる事があんまり無い。
髪の毛はウィッグ。たまにちゃんと普通の男の子姿でいる時もある。

「お相手ドラゴンじゃないですか・・・!僕絶対負けますよぉ~;;」

「マスターそろそろ本物の女の子捕まえてくれないかなぁ・・・」

【ポケ擬】アーク

f:id:mugicome6898:20170304002610p:plain

【ゲンガー♀】

俺/アンタ/23歳

ゴーストリオのリーダーで盗賊の頭。
かなりの戦闘狂。
脳内が年中ハロウィンなため大体ノリが意味不明。
常に笑顔で血色悪い貧血気味。
考えが読めないタイプの相手が好き。
声が低いため♂に間違われやすいが、意外にもスタイル良い。
貞操観念が皆無なため同じ盗賊仲間のジャックとは体だけの関係だったりする。誘われれば野外だろうが気にしない。
彼同様に色恋沙汰には全く関心がなくむしろ戦いの方が興奮するらしい。

「ただ盗るだけも虚しいな。いっちょ暴れていこうか。」

「お前ら、何の収穫も無くおめおめ帰ってくるんじゃないぞ。」

広告を非表示にする

【ポケ擬】ダチュラ

f:id:mugicome6898:20170228023230p:plain

サザンドラ♂】

 私/君、呼び捨て/26歳

 戦闘集団「百花龍乱」軍のリーダー。笑顔は穏やかながら、飄々としてて胡散臭い雰囲気を纏う青年。自らも嘘なのか本当なのかよく分からない事を口走っては相手を惑わせる。極度の面倒くさがりで役割的に戦闘にはあまり参戦しないものの、作戦や状況判断が得意。キレさすと一番怖い説が密かに仲間内で定着してるが人望は全然無い。実際はただのドMだったりするので痛めつけられると喜ぶし、反対に痛めつけたり人をからかうのも大好き。一度メイメイに初のボロ負けしてから彼に付き纏っては「妖精ちゃん」と呼び、ストーカー化して塩対応される日々を送ってる。でも全然気にしてない図太さを持つ。

 「急いては事を・・・って言うからね。まあもう少し様子見と行こうか。」

「白い肌に愛らしい四肢、何よりその冷めた目が本当堪らないね、妖精ちゃん♪」

 

□お友達(?):雷音ベルさん宅のモズールクック・エンヴィード(もずく)さん

→持ち前のドMレーダーが反応して近付き、第一声から踏んで欲しいと爆弾発言したものの、いい感じにあしらって貰ってからは「もずく様」と呼び付き纏ってる。鬱陶しがってるもずくさんの塩対応ぶりにすら大興奮を覚えてる変態。

「あの絶妙な踏み加減と声、最っ高に堪らないよね・・・もっと虐げて欲しくて疼くよ、体が・・・」

広告を非表示にする

【ポケ擬】ネメシア

f:id:mugicome6898:20170228022006p:plain

ヌメルゴン♂】

僕/君、~ちゃん(君)/19歳

誰にでもフレンドリーで愛想が良く、人当たりのいい性格なので交友関係もわりと広い。でも正直者すぎる一面もあるためすぐ口に出す癖があり同性にはさらっと毒舌な時も。可愛い系の顔立ちで自身もそれを自覚してるため何かにつけて利用してくるずる賢さがあり仲間からの扱い(特に男性陣)の扱いは非常に雑。乾燥が大の敵で湿気のある日や場所が好き。雨の日は無駄にハイテンション。

「え~やだ!砂漠とか行ったら僕のこの白魚のような肌がガサガサになるじゃ~ん;;」

「君達もさ、もう少しお淑やかになれないの?ただの野蛮人じゃん。」

広告を非表示にする

【ポケ擬】ヴェルミオン

f:id:mugicome6898:20170221224530p:plain

 

ガオガエン♂】

俺/お前、呼び捨て/26歳

ムーン軍リーダー。クールな堅物に見られるけど実際はヘビースモーカーで大体寝てる超マイペース猫。でもヤニ切れすると途端に機嫌悪くなる。
目付きが悪く、高身長+ガタイも良いせいで初対面にはまず怖がられる。
慣れっ子なので本人的には気にしてない。
見た目の割に小さい子は好きなので旅仲間の子ども面子にはわりとされるがままな所もある。

「ハグれるなよ…探すのがめんどくさい・・・。」

「あー・・・煙草切れたし何もする気が起きなくてな・・・」

 

◻︎お友達:雷音ベルさん宅のニケル君 →

木陰で休んでた際にニケル君の存在に気付き、最初は迷子かと様子見していたが寄って来てくれた事がキッカケで仲良しに。持ち前の子供好きと素直で愛らしいニケル君にメロメロ骨抜き状態。尻尾をおもちゃにしたり抱っこしたりして一緒に遊んでる。ファルさんにその様子をわざと見せつけてはお互い火花を散らし合う。

「怖がらずに懐いてくれてる…素直で可愛い子猫だ…表情や行動がクルクル変わるのが見ていて楽しいし癒されるな。」